【2019年12月版】カジノディーラーの養成学校の大手3校を徹底比較

カジノのディーラーに興味があるけれど、養成学校とかはあるんだろうか?
カジノディーラー養成学校に入学したいけれど、どの学校がいいのか分からない…
カジノのディーラーになりたいと考えている人は、こんな疑問を抱えているかと思います。
現在、日本にある主なカジノディーラー養成学校は以下の3校です。
  1. 日本カジノスクール
  2. 日本カジノ学院
  3. 日本ディーラースクール

すでに検討をされている方も、こちらの学校をご覧になっているかと思いますが、どの学校にすればいいかは非常に悩むところですよね。

各学校を紹介する前に、カジノのディーラー学校を選ぶ際のポイントを簡単に紹介しますので、興味のない方は飛ばして下さい。

①学校が通える範囲か?
学費の金額や支払方法が問題ないか?
就職のサポートは充実しているか?
まず、学校が通える範囲か?というのは大きな問題になります。
日本でカジノができることは決まっていますが、まだカジノ自体がないので学校も少ないです。そのため多くの学校が大都市に集中しています。
後述しますが、東京や大阪に通えないという方は、唯一全国展開をしている日本カジノ学院しか選択肢がありません。
次に、学費についてです。
どちらも専門学校のようなものですので、決して安い金額ではありません。社会人であれば払えない金額ではありませんが、学生や主婦では厳しい金額になります。
学校で違うのはもちろん、コースやオプションによって何十万円も違うということも大いにあります。
あなたが学びたい、そして必要とするカリキュラムを選択して下さい。
最後に就職のサポートです。
学校を卒業しただけではカジノのディーラーになれません。各学校の卒業生がどのような進路を辿っているかというところも重要になってきますので、しっかり確認して下さい。
それでは、各カジノディーラーの養成学校がどんな学校なのか、学費や特徴はどうなのかを紹介します。

 

各カジノディーラーの養成学校の概要や校舎はどこにあるのか?

冒頭の通り、現在の主な学校は3校です。

それぞれの特徴は全然違うものなので、あなたに合う学校を見つけて下さい。

日本カジノスクールの概要や校舎の所在地

最初に紹介するのは「日本カジノスクール」です。

日本カジノスクールは、2004年4月に東京都の東中野で開校した学校です。

日本初のカジノ人材専門養成スクールとして、マスコミから注目されました。開校から15年以上経つ学校で、卒業生は800名を超えています。

そしてすでに、150名を超える卒業生が海外のカジノへ就職し、現場経験を積んでいます。

東京校と大阪校があります。

 

日本カジノ学院の概要や校舎の所在地

続いて紹介するのは「日本カジノ学院」です。

2014年に設立された新しい学校ですが、2019年現在で唯一全国展開をしている学校になります。

  1. 渋谷本校
  2. 大阪校
  3. 名古屋校
  4. 福岡校
  5. 札幌校
  6. 立川校(※現在改装中のため、入学・オープンスクールは行っていません)
  7. 恵比寿校

日本カジノ学院の代表である贄田さんという方は、ディーラーの育成を重視しているようです。

そのことを裏付けるように、以下の4校も1年以内に随時開校予定です。

  1. 池袋校
  2. 新宿校
  3. 横浜校
  4. 千葉校

まだまだカジノのディーラーの養成学校が少ない中、今後も開校される場所が広範囲に広がることが予測されます。

卒業後は、カジノのディーラーとして活躍されている方はもちろん、日本カジノ学院のスタッフとしても働いている方もいらっしゃるようです。

以下、渋谷本校の概要です。

日本ディーラースクールの概要や校舎の所在地

最後に紹介するのは「日本ディーラースクール」です。

2017年8月に設立された学校で、3校の中では最も新しいです。

新しくはあるものの、京都で30年の歴史をもつ老舗アミューズメントカジノ店「BLOW」を母体とする学校です。

後程詳しく紹介しますが、他の2校に比べて授業料が安いのが特徴です。

現在は大阪校のみです。以下、所在地です。

 

各カジノディーラーの養成学校の学費や特徴は?

ここからは気になる学費や、特徴について紹介します。

学費の最安については、総合コース(カジノのディーラーの知識・技術がない人向け)を参考にしています。

ルーレットのみ、ブラックジャックのみといったコースもありますので、詳しくは各公式サイトをご確認下さい。

日本カジノスクールの学費や特徴は?

学費等について

印は東京校のみです

日本カジノスクールの学費は、最安の3ヵ月コースで「495,000円」となっています。

また、他の2校と異なり、入学できるタイミングが「1月」と「4月」のみとなっています。願書の受付は常時行っていますが、すぐ入学して勉強したいという方は気を付けて下さい。

東京校と大阪校しかないため、どちらにも通えないという方は残念ながら選択肢には入らないでしょう。

卒業後のサポートについて

卒業後のサポートは大変充実しています。

  • 登録スタッフ制度:都合のいい時にイベントに参加して働ける制度
  • OBテーブル開放制度:卒業生にもテーブルが開放されています。OB会もあり交流もできます。
  • JCDA実技試験免除制度:日本カジノディーラーズ協会の資格認定試験が免除されます
  • ラスベガス提携校研修プログラム:お得な料金で本場スクールでの学習ができます
  • カジノディーラー有給インターンシップ
  • フィリピン短期留学
  • 東京・お台場 カジノヴィーナス:スクール直営店ですので、すぐに実践できます

 

・学費の最安は「495,000円
・入学できるのは「1月」か「4月」のみ
・卒業後のサポートは充実している

日本カジノ学院の学費や特徴は?

学費等について

※日本カジノ学院の学費は公式サイトでは確認できませんので、実際に確認したい場合は資料請求することをおすすめします。

上の画像は資料請求で届いたものを写真で撮ったものです。見づらかった場合申し訳ございません。

日本カジノ学院の学費は、最安のトータル本科コースで「550,000円」となっていますが、ここには入学金・教材費が含まれていません。

入学金「100,000円」と教材費(トータル本科コース)「20,000円」を合計すると「670,000円」となります。

 

日本カジノスクールの3ヶ月集中コースに比べると高く感じられますが、こちらは1人1人に合わせたペースで受講することが出来ます。

学校案内では6ヶ月(週1回ペース)も可能と記載されていますので、日本カジノスクールの6ヶ月コースと大きな差はないと思われます。

入学時期は問わないため、すぐにでも入学してカジノのディーラーに向けて勉強することができます。

 

「渋谷・大阪・名古屋・福岡・札幌・立川(現在改装中)・恵比寿」と他校に比べると全国に展開していますので、通える範囲の人が1番多い学校です。

また、他の2校にはない強みとしてECCと日米後学院と提携しているので、ネイティブの英語を学ぶことができます。

カジノのディーラーとして働きたいのであれば、英語ができることに越したことはないので大きなポイントになるでしょう。

卒業後のサポートについて

  • プロのカジノディーラーになれる
  • 全国の日本カジノ学院の講師として働ける
  • 海外でカジノディーラーとして働ける
  • カジノ桜倶楽部というOB会がある

世界から日本人ディーラーの派遣要請が日本カジノ学院へ届いているようです。一過性ではなく、正規のプロとして働けるとのことです。

・学費の最安は「670,000円
東京と大阪以外にも校舎がある
ネイティブの英語が学べる

日本ディーラースクールの学費や特徴は?

学費等について

日本ディーラースクールの学費は、5科目選択コースで「450,000円」となっています。

他の2校に比べて大変安く、カジノのディーラーになるための技術が学べます。

 

しかし、安いにはやはり訳があります。

資料請求のカリキュラムには、本当にカジノのゲームの技術しか学べないようです。

カジノのディーラーとして欠かせないであろう英語や、ギャンブル依存症の知識もディーラーとしては知っておきたい知識かと思います。そういった技術面以外でのフォローが、公式サイトや資料からは残念ながら確認できていません。

まだまだ新しい学校であるためか卒業生の進路等についても、詳しいことが書かれていません。

他の2校で検討した方がよろしいでしょう。

校舎も大阪校のみとなっています。

・学費は最も安く「450,000円
・英語やギャンブル依存症について学べない
・卒業後のサポートについて不明

まとめ:まずは資料請求やオープンスクールの参加をしよう!

カジノディーラーの養成学校について説明してきましたが、おすすめは以下の通りです。

日本カジノスクールをおすすめしたい人

  1. 東京・大阪校に通える人
  2. 日本初に惹かれる人
  3. 卒業後の手厚いサポートを受けたい人

 

日本カジノ学院をおすすめしたい人

  1. 東京・大阪以外に住んでいるの人
  2. 海外研修で実際のIR(カジノ)を体験したい人
  3. ネイティブの英語を身につけたい人

 

これらの情報はあくまで外からわかる情報です。

3校とも、資料請求や無料で体験入学することができます。

あなた自身と校風に合うかどうかが最も大事なポイントになります。

体験入学をしてから、改めて比較して学校を選んでみてはいかがでしょうか?

最後までご覧いただきありがとうございます。
それでは。